害虫駆除は薬剤の使用がスタンダード?

殺虫剤

私たちに被害をもたらす虫を駆除する方法、いわゆる害虫駆除という作業があるのは皆さんご存知だと思います。一般的に食品を扱う施設で行われている他、個人の住宅であればシロアリなどの害虫駆除を行うことから、害虫駆除という行為そのものの存在の認知度はおそらく高いと言えるでしょう。しかし、害虫駆除の言葉の認知度は高かったとしても、その方法についての認知度はそれほど高くないかもしれません。特に私たちは殺虫剤で害虫を駆除することが多いため、害虫駆除は薬剤の使用がスタンダードなのか?というイメージを持っているのも事実です。では、実際の害虫駆除の現場では、薬剤の使用がスタンダードな方法として用いられているのでしょうか?

害虫駆除の現実的な方法を知るために、いくつかの害虫駆除業者のサイトなどを閲覧し、実際に薬剤の使用を行っているのかを確認させていただきました。そうすると、ある共通点が浮かび上がってきたのです。それは私たちの先入観的なイメージと同様、やはり害虫駆除では薬剤の使用がスタンダードな方法として用いられているということでした。

詳しくはこちらの記事へ
→ ゴキブリは自宅から駆除して根絶させたい

これは何を意味しているのかというと、害虫は小さい存在であることから、物理的な攻撃ではなかなかその勢いを止められないことから、薬剤という虫の体の中からダメージを与える方法が一番手っ取り早いということが考えられるでしょう。それに、薬物であれば大勢の虫や蜂の巣に対して吹きかけることができるため、効果の範囲もかなり広いのもメリットの一つです。

ただ、害虫駆除は薬剤の使用だけが行われているわけではありません。虫が嫌がる環境を作り出すことは薬剤以外の工夫でもできますし、まず害虫の存在を発見するために様々な工学的技法を用いるのも大きなポイントとなっているでしょう。

上記のことから、害虫駆除は薬剤の使用がスタンダードでありつつも、様々な専門技術も使われているということが答えになると思います。

【参考リンク】
http://www.eiken.pref.kanagawa.jp/008_topics/files/topics_130924.htm
https://www.kyoto-su.ac.jp/events/20160612_350_chihoukoukai-tonoshou.html